恐れからの解放

うちの長女、初枝のエッセイ

原文は、英語です、一番最後に載せてます。

日本語訳は、出来の悪いおやじ、私が訳しました。

エッセイ元のストーリー「リーチー、大蛇を倒す」は、こちら。
http://www.lair2000.net/Chinese_Poetry/stories/Li_Chi_Slays_The_Serpent.html

 

恐れからの解放

人すべて、個性が重要です。そして人は、それぞれの関心のある話が好きです。最近、私は中国の古いおとぎ話「リーチー、大蛇を倒す」というのに関心を持ちました、なぜなら、これは恐れというのりこえた話だからです。

恐れは、思考を鈍らせ、活動を停止し、的確な判断を止めてしまい、危害へとおし進めます。ある極端な例ですが、歯医者への恐れが、4歳の子供を心筋梗塞で死にいたらしめました。恐れによる、大量のアドレナリン発生のためです。

ひとたび、恐れから解放されれば、人はとてつもないことをやりとげます。このおとぎ話から、わたしはそのことを得ました。私自身、恐れの力になやまされたことがあるからです。人が恐れを克服できるということを、この「リーチー、大蛇を倒す」にあり、それを私自身、身をもって学びました。

このおとぎ話「リーチー、大蛇を倒す」で、若い女の子、名前がリーチー、が恐れに対抗し克服して、力強いモンスターを倒しました。この中国のおとぎ話は、ユエという国で、大蛇がほら穴を棲家にしてました。

この大蛇は、チャンロ郡の人たちに、毎年、若い女の子の人身御供を出すように言ってました。勇敢な戦士達がこの大蛇を殺そうとしましたが、いつも失敗していました。それで、人々はしかたなく、毎年若い女の子を、9年間の間、ささげていました。

リーチーは、6人姉妹の一番下で、次のささげ物に志願しました。リーチーは、恐れによって戸惑うのではなく、ある大蛇を倒す計画をたてました。戦う道具として、蛇退治の犬、剣、そしてお餅を準備しました。リーチーは、恐れでいっぱいでしたけど、恐れに負けることなく、倒す計画を実行しました。リーチーが恐れを克服することによって、大蛇を倒し、チャンロ郡に平和をもたらしました。

リーチーは、恐れというものの力をわかった英雄です。大蛇をみて、恐れることにとらわれてしまわないで、リーチーは、それにうち勝ちました。その話で、リーチーは、自分に「リーチー今だ、恐怖の結果は死だ、だから、恐れることを忘れて、やらなければならないことに専念しよう!」

リーチーは、恐怖に支配されてしまえば、死が待ってるだけだと直感しました。恐れの感情に支配されてしまえば、彼女の計画が阻止されてしまいます。

それまでに犠牲になった9人の少女達の骨や頭蓋骨に出くわしたときも、リーチーはしっかりと自分をみさだめ、恐れにうち勝ってきました。そのとき、リーチーは、このように考えて自分を元気づけました、「かわいそうな少女達!怖がって戦うことができずに、犠牲になってしまった、かわいそうに!」リーチーは、その少女達がどれだけ怖がったか、そしてリーチーのように恐れにうち勝てなかったのを、かわいそうに思いました。

そのおとぎ話の終わりは、リーチーは有名になり、中国の皇帝と結婚しました。

多くの人たちは、恐れによる麻痺性を知り、恐れにうち勝ってきました。フランクリンルーズベルト大統領「我々が恐れなければならないのは、恐れることそれ自体である。名も無く、理由無く、正しくなくて動けなくしてしまう恐れは、変換して前進するのに努力が必要である。」

ルーズベルト大統領は、恐れが破壊的であることに注意していました。彼が大統領のとき、大恐慌と経済危機の恐れが全国を襲っていました。彼は、国民を元気づけました、なぜなら、彼は国民がそれらの恐れを克服して、考えを変えることによって、回復が進むのを知ってたからです。大統領として、彼はどんな個人的な恐れでも消化して、国民をなぐさめてきました。

キャプテンC.B.「スリー」スレンバーガーは、飛行中、エンジンが止まっても恐れにくもらされることがなかったパイロットです。恐れにうち勝ちハドソン川に無事に飛行機を着水させました。2009年1月15日、搭乗者全155名は、無事に救助されました。もし、恐れに飲み込まれてしまってたなら、ニューヨーク州は、大きな悲劇の日となってたでしょう。

「モリーの火曜日」という本で、ミッチアルボムは、彼の教授、モリーシュワルツ、について書いてます。モリー教授は、ALS、ルイゲーリック症状でした。この症状は、体の機能をだんだんと停止させ、死にいたらせるものです。モリー教授は、この症状の獲物にされるのではなく、また、哀れに思うのでもなく、彼を訪れる人に、以前よりまして、カウンセリングをやりました。それにより、モリー教授の名前は、人に覚えられ、生活の見本として多くの人に教えられてきました。

このように、恐れにうち勝つことのできたすばらしい人たちがいます。

私自身において、リーチーが恐れを乗り越えたように、私自身の恐れに勝利した経験があります。4年前、喘息の発作によって、身体の運動を避け、私の趣味である乗馬をやめなければならない、という恐れにとらわれました。

いろんな喘息療法は、それほど効をせず、発作は丸一日、時には数日続きました。

数年前、とくに発作が激しかった年、私は自分の状況をコントロールし、発作の恐れに対抗しました。まずは、食事を変え(グルテンフリーダイエット)、喘息の発作がおこりそうでも、毎日、軽い体操とジョギングを行いました。

時には、発作が激しく出て、気を失いそうになることもありました。でも、喘息から解放されるために、そういう恐れに面と向かう努力をしました。

最近のもうひとつの恐れは、自分自身の馬を持ったときです。よくわからず、経験不足で、私は自分には手に負えきれない馬を買いました。その馬は、感情的で行動が予期できず、とても活動的な馬です。
数回その馬から落馬して、乗ろうと思っただけでも、身震いするほどでした。

しかしながら、その馬をあきらめて、売ってしまうのではなく、その馬に対する恐れにうちかたなければならないと思いました。それで、乗馬のトレイナーに、もっとレッスンを受けて、その馬にしっかりと乗れるように訓練しました。落馬して身体が震えても、また、馬の背中にもどって、進歩があるまで乗り続けました。

今日、ここ2年ほど健康で活動的になり、喘息の発作は起きていませんし、その馬に乗って、競技に出れるようになりました。なによりも、私はそれらの恐れを克服して誇ることができるのを幸せに感じています。

恐れが襲ってきたとき、リーチーのように、その恐れに立ち向かって勝利することができました。

リーチーの物語は、若い少女である英雄が恐ろしい怪物を破る素晴らしい神話です。 私は「リーチー大蛇を殺す」と題するこの神話に描かれる恐さのメッセージを確認できました。 リーチーは彼女の恐れを克服することによって、中国の彼女の居る郡の人々を脅かしていた怪物を殺すのを可能にしました。 リーチーと同様に、フランクリン D. ルーズベルトのような社会の驚くべき英雄、キャプテンSullenberger、およびモーリー・シュワルツも恐れに打ち勝ちました。

また、私も、私の恐れからイニシアチブを取ることによって、自分の恐れから解放しました。

作家のアレクサンドル・トルビーは「本当に、恐怖をもって扱われた社会は、無政府主義の危機に瀕する社会です」を書いてます。 現在、アメリカ社会はイスラム教のテロへの恐怖で満たされます。 イラクとアフガニスタンの戦争は、アメリカ国民がイスラム教に対しての恐怖から生じた災害です。

この9.11の後、人々を単にイスラム教徒に「似ている」アメリカ国民にさえ、恐れをも導きました。 この恐れで誘発された偏見、差別に、打ち勝たなけれなりません。 アメリカ人は、恐れに打ち勝つ明確な考えで、この闘争の妥当な解決策をえる必要があります。

我々が直面している「大蛇の恐れ」を克服するならば、アメリカと世界は成功の将来の歴史を書くことができます。

END

 

良かったな~と思う方は、
↓クリック。(^^)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

 

<原文>

Freedom from Fear

Identity is important in every person’s life. This is why individuals like stories that they can relate to. Recently, I have identified with the ancient Chinese myth “Chi Li Slays the Serpent” because of this myth’s theme of overcoming fear. Fear clouds minds, prevents actions and stifles reasonable decision making which can lead to disaster. In one extreme instance, fear of the dentist led a four year old child to suffer a heart attack and die because of high amounts of adrenaline that the child had due to her fear (Warren 1). Once liberated from fear, people can accomplish extraordinary feats. I was able to identify with this myth because I have personally experienced the power of fear. My belief in a person’s ability to overcome fear is displayed in the myth “Chi Li Slays the Serpent,” experiences I have learned of and in personal experiences.
In the myth “Chi Li Slays the Serpent,” a young girl named Chi Li is the hero who confronts and overcomes her fear which allows her to slay the powerful monster. This Chinese myth takes place in the ancient kingdom of Yueh. In the nearby mountains, a huge serpent makes his home in a cave. The serpent orders the people of Chiang Lo County to give him an offering of a young maiden for him to devour every year. Brave warriors attempt to kill the serpent but none succeed. Eventually the villagers of the county relent and send a young girl to the serpent every year for nine years. Chi Li, the youngest daughter in a family of six daughters, offers herself to the county magistrates as the next sacrifice. However, Chi Li does not let fear cloud her mind and she comes up with a plan to defeat the monstrous serpent. Armed only with a serpent hound, a sword and a bag of sweet rice balls, Chi Li battles the monster. At the sight of the serpent, Chi Li is filled with fear but she swallows her fear and carries her plan out. Chi Li is able to slay the serpent and bring peace to Chiang Lo County because she conquered her fear.
Chi Li is a hero who recognized the power that fear can have over a person. Instead of succumbing to the fear she felt at the sight of the serpent, she overcame it. In the myth Chi Li states “Come now Chi Li! The child of terror is certain death! So push fear from your heart, and force your mind to think only of the task at hand” (“Chi Li” 333)! Chi Li realizes that if she lets terror or fear rule over her as her “parent”, she will die. Following her emotion of fear would prevent her from being able to carry out her plan. Chi Li’s ability to identify and defeat fear is also shown when she encounters the skulls and bones of the nine girls before her. Chi Li empathizes with the victims when she thinks “Poor girls! The monster conquered you because you were too timid to put up a fight! How pitiful” (“Chi Li” 333)! Chi Li knows the level of fear that the girls experienced and pities them because they were not able to recognize the fear and be victorious over fear like she was. At the end of the myth, Chi Li becomes famous and marries the Emperor of China.
Many people have recognized the crippling effects of fear and have been able to overcome them. Franklin D. Roosevelt said “The only thing we have to fear is fear itself – nameless, unreasoning, unjustified terror which paralyzes needed efforts to convert retreat into advance” (Joseph 62). Former president Roosevelt was aware of how destructive fear can be. He was addressing the American people during the Great Depression and the economic fear that was rampant throughout the country. He was encouraging Americans because he knew that progress would only happen if people were able to overcome their fear and make changes. As president, Roosevelt was able to swallow any personal fear and comfort Americans in a trying time. Captain C.B. “Sully” Sullenberger is a pilot who did not let fear cloud his mind when his plane’s engines shut down in flight. Instead, he was able to overcome his fear and safely land the plane in the Hudson River. This amazing event of vanquishing fear took place January 15th 2009 and all 155 people on board were rescued safely from the plane (MSNBC.com). Had the pilot let fear overtake him, New York State may have suffered a huge tragedy that day. In the book “Tuesdays with Morrie,” Mitch Albom writes about his professor, Morrie Shwartz, who is diagnosed with Amyotrophic lateral sclerosis (ALS), often referred to as “Lou Gehrig’s Disease.” This disease kills a person by slowly shutting down bodily functions. Instead of being a victim to his fear of death and wallowing in self pity, Morrie gives even more to the people around him by counseling people who visit him. In the end, Morrie is victorious because his name will always be remembered in the book and in the life lessons he taught to the people he loved. These are amazing people who were able to be victorious over fear.
Personally, I have experienced fear and have been able to be victorious over my fears by my ability to recognize them similarly to how Chi Li was able to overcome her fear. Four years ago, I was so afraid of my asthma attacks that I would avoid any physical exercise and was close to giving up riding horses, which is my passion. Various asthma remedies were not helping and attacks would leave me prostrate for at least one whole day and often several days at a time. After a particularly bad year when I had attacks frequently, I decided that I had to take control of the situation and face my fear. I changed my diet and I slowly started exercising every day even though it would exacerbate my asthma. Sometime my attacks would be so severe that I would pass out from them. Despite these hardships I continued to face this fear in order to get rid of my asthma.
Another recent fear in my life was when I was finally able to have my own horse. Naïve and inexperienced, I purchased a horse that was too much for me. He was temperamental, unpredictable and very athletic. After several bad falls, I would physically tremble with fear at the thought of riding him. However I did not want to give up and sell him so I recognized that I needed to face my fear and solve this problem. I took up lessons with a trainer and worked tirelessly to ride my horse successfully. Even though I was terrified to get back on after biting the dust countless times, I got back in the saddle and rode until I made some small progress. Today, I haven’t had an asthma attack in almost two years, I am able to enter in riding competitions with my horse and I am a healthy, active person. Most importantly, I am a happy person with accomplishments to be proud of. Once I realized that my fears were taking control of my life, like Chi Li, I confronted them and was victorious.
The story of Chi Li is a wonderful myth where the hero is a young girl who defeats a horrible monster. I was able to identify with the message of fear that is portrayed in this myth entitled “Chi Li Slays the Serpent.” Chi Li is able to defeat her fear which enables her to kill the monster that was threatening the people of her county in China. Similar to Chi Li, amazing heroes in society like Franklin D. Roosevelt, Captain Sullenberger and Morrie Schwartz also overcame fear. I have also liberated myself from my fears by taking the initiative to resolve them. Writer Alexandre Trudeau writes “Really, a society wrought with fear is a society teetering on the edge of anarchy” (40). Currently, American society is filled with the fear of Islamic terrorism. The wars in Iraq and Afghanistan are a disaster that resulted from the fear that American people have for Islam. This fear has led people to even turn on American citizens who merely “look like” Islamists in this post 9/11 time. This fear-induced prejudice desperately needs to be overcome. Americans need to confront fear by keeping a clear mind and making reasonable solutions to this conflict. Once liberated from fear, America and the world can write a future history of success if we can face our “serpent of fear” that is blocking the way.

信仰の成長を助けるための日記を書きましょう。

礼拝の後、ヨナニムは最後に食事をされる。なぜなら、いろんな兄弟姉妹と個人的にお話しされたりしているから。
最近は、ヨナニム用に食事をとってあるので、むか~しのように、何も食べるものが無いことは無くなった。

亨進ニムや国進ニムは、食事の時、大々的に、二次会和動会をやられている。
時には、数時間に及ぶこともある。

img003

 

ヨナニムは、たいていの場合、一人か数人と、お話しされている。

今日も、みんなが食べ終わり、片付けも終わった後、キッチン奥にある円卓で食事をされていた。しかし、そこでもヨナニムを囲んで、小さな和動会。

ヨナニムは、その時、うちの妻とグレッグの妻と3人で話をされていた。
が、私を見つけて私もその中に呼ばれて、参加した。

 

そこで、特に印象に残ったもの。

ヨナニムのお話より。

ヨナニムが持ってらっしゃった疑問、「信仰、神様やお父様との絆を深めるには、どうすればよいか。」
そうすると、その一月のうちに、3度、同じような内容のことを示された。
一つは、人から、一つは、読んだ本の中から、もう一つは、他の牧師の説教の中から。

そこで得られた答えは、「信仰を深めるための日記を書く。」ということ。

信仰に関しての日記だけでなく、日々の感謝できたことや、お祈りのかわりに日記を書いてみる。
とにかく書いていくうちに、考えがまとまったり、インスピレーションがわいたり、ただ単に感謝を述べるだけでも、心情が深まってくる。

 

で、私も「ブログ」を毎日のように、書いてますよ。(笑)

ん~ん。(^^;

 

みなさんも、ブログ村に参加してみては?
↓クリック

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

土曜日はカレーを作る日。(作り方編)

ついに発表、うちのカレーの作り方。

まずは、材料から。

DSCN1433s

今日、Sam’s Club より、買ってきた材料。

マッシュルーム 680g X 2
牛肉     585lb(2.7kgぐらい)
玉ねぎ    10個ぐらい使う
ジャガイモ   5個ぐらい使う
人参     20本ぐらい使う

すでに買ってあるカレールー

curry01

写真は辛口ばっかりだけど、人からカンパしてもらった、ゴールデンカレーの中辛や、バーモントカレーもあったりする。

 

まず鍋に5リッターの水を入れ、強火で温める。

マッシュルームを全部スライスして入れる。

玉ねぎを切って入れる。
昔は、玉ねぎを炒めて入れてたりしたが、今はそのまま切って入れるだけ、量が多すぎるので手抜き。(^^;

沸騰してきたら、弱火にして、マッシュルームと玉ねぎだけでしばらく煮込む。

30分ぐらい煮込んだら、牛肉を一口大に切りながら、鍋に入れる。
これも、昔は、フライパンで肉をある程度炒めて鍋に入れていたが、これも量が多すぎて手抜き。(^^;

肉を全部切り終えて、鍋に入れたら、ケチャップ、醤油、月桂樹の葉(10枚ぐらい)を入れて、弱火でコトコトと煮込む。
この時、グラグラ煮立てないこと、煮立ててしまうと、肉が固くなってしまう。
コトコト煮込んでるとき、浮かんでくるアク(悪)をすくい(救い)とる。

肉を煮込んでいるうちに、ニンジンとジャガイモを切っておく。

1時間ぐらい煮こんだら、ニンジンを入れて、また、しばらく煮込む。

30分ぐらい煮込んだら、ジャガイモを入れて、また、しばらく煮込む。

ジャガイモにある程度火が通ったら、火をとめて、お休み。ここまでが土曜日。

 

日曜日の朝、また、温めなおして、上に浮いている脂を取り、ニンニク(5個ぐらい)を刻んだのを入れて、沸騰間近まで温める。

月桂樹の葉を取り除いて、少し塩コショウなどで、味の調整して、火をとめて、カレールーを入れる。だいたい大箱6箱半ぐらい使う。

最後の仕上げに、ブラックコーヒー、チョコレート、お醤油などを入れる。(^^;

 

↓食べたいな~と思う方は、クリック(^^)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

つづき

午後7時半に始めた。

DSCN1435s

マッシュルームを全部切って入れた。

DSCN1438s

妻が、玉ねぎ10個、皮をむいて準備してくれた。

DSCN1440s

玉ねぎを全部切って煮込み始め。

午後の8時、30分でここまで来れた。(^^)

DSCN1445s

<つづく>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

 

45分ぐらい煮込んで、お肉にとりかかる。

DSCN1449s

脂身も、小さく刻んで入れる。
脂身から、旨味がでてくるので。(^^)

DSCN1451s

お肉を入れて、煮立ってきそうになる時、アクが浮いてくるので、お玉ですくいとる。

そして、ケチャップ、月桂樹の葉などを入れて、また、ごく弱火で煮込み。

(煮込んでいるときに、ブログを書ける)

<つづく>

30分ぐらい煮込んで、ニンジン入れて、また30分ぐらい煮込んで、ジャガイモ入れて煮込んで、夜の11時半やっと寝れる。

明日へつづく。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

 

日曜日の朝、7時過ぎから温めなおして、先程、カレールー6箱半使って混ぜ混ぜして、仕上げにチョコレート、コーヒーなどをいれて仕上げた。

DSCN1453s

もうすぐ、教会へ出発だ~。

Lost Generation? 希望を見失った世代?

私たちは、(希望を)見失った世代に属している?

まずは、この動画をご覧くだされ。

英語だけど、私の愚訳を参考に。(^^;

 

<まずは、最初の半分まで>

私は、見失った世代に属している。
そして、私が世界を変えれるということを信じない。
ショックだけど、「幸福は、心の中から始まる」というのは嘘だとわかった。
「お金が、幸せを作り出す。」
それで、30年の間、私の人生で子供達が一番大切なものでは無いと、子供達に言うだろう。
会社には、私の一番大事なことは仕事で、家庭より重要だと言う。
かつては、家族はみんな一緒に居たが、今の時代はめまぐるしく変わる時代で、そいうことは無くなる。
ある専門家が、私の30年後は、10年目の離婚を祝っているだろうと言う。
私自身、将来性のある国に住んでるとは思わないし、環境破壊が進み、私が地球を大事にいつくしむなんてことは、言わなくなる。
私の世代は、無感情でやる気がない、「希望がある」などとは思うのは愚かなことだ。

<中間>

これらは、
あなたが、これを逆行させないかぎり
すべて真実である。

<後半>

「希望がある。」
私の世代は、無感情でやる気がないと決め付けるのは馬鹿げてる。
私がこの地球を大事にし、いつくしんでるということはあきらかになってくる。
環境破壊が日常であるとは言われなくなくなる。
将来、私自身が作り出した国に生活するようになる。
私が、今から30年後、10年目の離婚を祝ってるなどとは認めない。
専門家は、めまぐるしく変わっていく社会だと言うが、
私の時代には、あてはまらない。
むかしから、家族は、ずっと一緒であった。
家庭は、仕事よりもっと大切なものである。
私は、家庭が私の人生で一番たいせつなものだと
はっきりと会社に知らせる。
それで、30年間、私は子供達に
「お金が幸せにする。」というのは嘘で、
「幸福は、心の中より始まる。」と言うだろう。
ショッキングなことだが、
私が世界を変えることができるとわかった。
なので、私は「見失った世代に属してる」とは絶対に信じない。

 

↓希望がある人は、クリック(^^)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

国進ニムのお家にて、Thanksgiving Day Dinner

まずは、ターキーのカーヴィングから。

DSCN1420s

うちから持って行ったターキーを国進ニムがさばいておられるので、そちらの方で私は最初に並んでサーブしてもらった。

胸肉だったけど、パサパサしてなくて、美味しかった。

私は、今年も去年と同じように、さっさと地下室に行って食べて、のんびりとしていた。

地下室での子供たちの様子。

DSCN1425s

手前は、お腹のすいてる組、右手の方は、まだ、トランプで遊んでる組、その奥はビデオゲームで遊んでる組。

最初のうちは、まだ、人が少なくてのんびりとしていたけど、時間とともに人がどんどん増えてきた。

上のダイニングルームやキッチンも人いっぱい、下の地下室も、子供たちがどんどん増えて人がいっぱいになった。

子供たちもいれて、全部で130名ぐらいあつまったんだそうな。(^^;

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村