The Chain Of Love

The Chain Of Love

He was drivin’ home one evening,
in his beat up Pontiac,
when an old lady flagged him down,
her Mercedes had a flat.
He could see that she was frightened,
standin’ out there in the snow,
‘til he said, “I’m here to help you, ma’am,
by the way, my name’s Joe.”
She said, “I’m from St. Louis,
and I’m only passin’ through…
I must have seen a hundred cars go by,
this is awful nice of you.”
When he changed the tire and closed her trunk,
and was about to drive away,
she said, “How much do I owe you?”
Here’s what he had to say:
“You don’t owe me a thing,
I’ve been there too,
someone once helped me out,
just the way I’m helpin’ you.
If you really wanna pay me back,
here’s what you do:
Don’t let the Chain of Love… end with you.”

Well a few miles down the road,
the lady saw a small cafe.
She went in to grab a bite to eat,
and then be on her way.
But she couldn’t help but notice,
how the waitress smiled so sweet,
and how she must’ve been eight months along,
and dead on her feet.
And though she didn’t know her story,
and she probably never will,
when the waitress went to get her change,
from a hundred dollar bill,
the lady slipped right out the door
and on a napkin left a note.
There were tears in the waitress’ eyes,
when she read what she wrote.
“You don’t owe me a thing,
I’ve been there too,
someone once helped me out,
just the way I’m helpin’ you.
If you really wanna pay me back,
here’s what you do:
Don’t let the Chain of Love… end with you.”

That night when she got home from work,
the waitress climbed into bed,
She was thinkin’ about the money,
and what the lady’s note had said.
As her husband lay there sleeping,
she whispered soft and low,
“Everything’s gonna be alright,
I love you,
Joe…”

 

彼が古びたポンティアックで家に帰る途中
ベンツがパンクしていて、手を振っている婦人を見かけた。
その婦人は、彼が「助けてあげるよ、俺の名前ジョーっていいます。」
と言うまで、怖がって雪の中で立っていた。
その婦人は、「私はセントルイスから来ていて、ただ通りかかっただけ、
たぶん100台以上車が通り過ぎていったけど...、とても助かったわ。」
彼が、タイヤを交換し、トランクを閉めて立ち去ろうとしたとき、
その婦人は、「いくらお支払いしたらいいかしら?」
ところが、彼は、

「何もお返ししなくていいですよ、私も同じようなことがあったから。
その人が、私を助けてくれたように、私もあなたを助けただけ。
もし、お返ししたいのなら、こうしてください、
愛の連鎖をあなたでおわらせないで!」

そのあと、その婦人は、数マイル走って、小さな食堂を見つけた。
その婦人は、そこで少し食事して帰ろうとした。
そこのウェイトレスのやさしい笑顔だけど、
8ヶ月の身重で足に負担がかかってるのに気づいた。
その婦人は、ウェイトレスの身の上話を知る気も、知る必要なかった。
ウェイトレスが、100ドル札からのおつりを持ってこようとした時、
その婦人は、ナプキンに伝言してさっさと出て行ってしまった。

「何もお返ししなくていいですよ、私も同じようなことがあったから。
その人が、私を助けてくれたように、私もあなたを助けただけ。
もし、お返ししたいのなら、こうしてください、
愛の連鎖をあなたでおわらせないで!」

その夜、そのウェイトレスは仕事から家に帰ってベッドに入って、
あの婦人が残したお金と伝言を思い返した。
横に寝ている夫に、やさしく静かにささやいた。
「すべてうまくいくよね、愛してるよ。
ジョー...」